質問にお答えします。①

3 min
NISHIO

NISHIO

FOLLOW

こんばんは。

この更新がない期間中に、50個近くの質問を頂きました。

皆さん、ありがとうございます。

そこで、今回は下記の質問に答えていこうと思います。

  • 選手に何を求めていますか?
  • ボクサータイプ、ファイタータイプどちらが好きですか?
  • 今どんな練習をしていますか?

たくさんDMを頂いたんですが、期間が開いてしまい溜まりすぎているので(笑)、

とりあえず3個の質問にお答えしますね…

少々、上から目線に感じるかもしれませんがご了承ください(泣)

こちらを見て頂けたら、僕自身が心がけていることが分かると思いますが、

性格の悪さもわかると思いますよ(笑)

もう、知られてますよ(笑)

<strong>酒井幹生<br>NO PORCO <br>NO LIFE</strong>

酒井幹生
NO PORCO
NO LIFE

選手に何を求めていますか?

  • 規律
  • 自己管理
  • 身体の強さ

あくまで、個人的な意見ですが、一番求めるのは規律です。

日頃の練習や試合に対する心構え、強い、強くないに関わらず、

僕が一番求めるとこですかね。

自己管理

過度すぎる体重オーバー、過度過ぎる体系、この2点だけです。

あくまで、日頃からたくさん食べて、練習して、遊びも全力にやってほしいので、

基本、日頃から管理はしません。

よく食べるアスリート=強い

と、イメージがありますよね。

僕は、古臭い考えの人間なんで、同じ考えです(笑)

ご飯だけでなく、ケーキなどデザートは絶対に欲しくなる!!

ボクサーは、これが一番の楽しみやと思うし、僕も好き(笑)

そこを日頃から管理すると可哀想。

なので、自己管理が出来てほしい。

それでも、チャンピオンになる選手もいますし

関係ないことかもしれませんが、あくまで個人の意見です。

僕のエゴかもしれませんがね(笑)

でも、管理が出来ていれば、さらに高いレベルで戦える選手になるかもしれませんよ。

身体の強さ

テクニックがある選手も大好きですが、戦う上で身体の強さは、一番求める条件です。

僕も5、6年ほど前はテクニックばかりと考えていました。

エキサイトマッチなどで見る海外のボクシングは、

そりゃ、テクニカルで強い。

そこばかり、目が行っていましたね。

実際に海外の練習を体験し、見て、耳にすることで

試合で戦える身体の強さも大事なんだと気づき、

現地のトレーナや記者からも言われました。

もちろん、外人と日本人ではパワーも筋力も違うので

上手くミックスは必要です。

よーく思えば、

帝拳<br>

帝拳

身体を強くしないと、上では勝てないよ

ちょこちょことパンチを打ってたら

そんなんのは要らないんだよ

しっかり打たないと、試合で絶対打てないから

帝拳

帝拳

と、耳にタコが出るほど言われていました。

それが、今となり、パンチ力は関係なく、

会長が言っていた事が身に染みるように分かり

海外で言われた事と同じ表現でした。

今は、この表現を形に変え、練習の一部に入れています。

数人ですが、戦える身体になってきたと感じております。

やっぱり、どんなボクシングスタイルでも、

シンプルにタフネスの身体が大事だと感じましたね。

ボクサータイプ、ファイタータイプどちらが好きですか?

両方とも好きです!!

フェリックス・トリニダードみたいに、ガツンと打ち込むタイプも、

パーネル・ウティカー、メイウェザーみたいに、相手のパンチを外し打ち込むタイプも

両方とも魅力的なスタイルで好きなんです。

最近の選手では、カネロや井岡選手も好きです。

たくさん居て、まとりません(笑)

あと、井上尚弥選手は…別格です!!

強すぎますね。

好きな選手のスタイルでも共通点?!を感じています。

ファイタータイプ、ボクサータイプ、

状況に応じて、前にも行ける、後ろにも行ける、

どちらもやれる選手が好きですかね。

今どんな練習をしていますか?

先ほど、話した内容とかぶりますが

どんなボクシングスタイルでも、

  • 単発で強く打つ練習
  • スピード練習
  • コンビネーションの練習
  • ディフェンスからオフェンスに繋ぐ練習

と、いった感じで、日に分けて選手とヒアリングして練習します。

もちろん、選手のスタイルのベースは変えませんが、

ボクシングをやっているので、

スタイル関係なくボクシングの練習をやります。

ただ、あくまで選手のスタイルをベースはブラさないです。

スピードも軽いハンドスピードでなく、遅くなっても良いので

フォームとタイミグを重視したスピード練習を心がけています。

こちらも、あくまで個人差なので

正解や不正解などの練習方法は無いかと思うタイプです。

まとめ

  • 求める選手は、自分自身に規律を持ち、戦う身体を持つ選手
  • 好きなボクシングスタイルは、場面に対応できる選手が好き
  • 今、やっている練習は、単発で強く打つ練習、スピード練習、コンビネーションの練習、ディフェンスからオフェンスに繋ぐ練習、身体を強くする練習(心拍系や持久系)

こんな感じですね。

あくまで、練習内容は正解、不正解はないと思いますよ!!

毎日コツコツと継続し、たまには、疲れたり、心も疲れるので、

休むのも練習の一部ですね。

トレーナーは選手に求めますが、

選手もトレーナーに求めています。

そこは、僕も忘れないようにやっていこうと思います。

DM下さった方々、めちゃくちゃ遅くなり申し訳ございません。

他の質問は、また書きたいと思います!!

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

では、チャオ!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください