佐々木洵樹【Krushバンタム級チャンピオン】

3 min
NISHIO

NISHIO

FOLLOW

佐々木洵樹

佐々木洵樹

正直、もっと圧倒したかった…

でも、勝ったと思った!

写真提供 ボクシングモバイル様より

佐川遼(三迫ジム)との試合、最終ゴングがなり…

彼は、判定が出る前に率直に思ったそうです。

こんにちは!

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

Tacos好き

ボクシングトレーナー西尾です。

今回は、元日本、東洋太平洋フェザー級ランカー

現Krushバンタム級チャンピオンの

佐々木洵樹について話してみます。

第五代Krushバンタム級チャンピオン佐々木洵樹

2019年11月8日

彼は、Krushバンタム級チャンピオンになりました。

当時、岡田がロサンゼルスで試合の為

応援に行く事が出来なかったのですが

吉報を聞いた時の嬉しさは忘れません!

  • 15歳て北海道から上京
  • 16歳で帝拳ジムに入門
  • 佐川戦、敗戦後にボクシング引退を表明 
  • ボクシング戦績 23戦19勝(7KO)4敗
  • 2019年2月16日にKrushでキックデビュー
  • 変更後、三戦目でKrushバンタム級チャンピオン獲得

ボクシングから、キックボクシングに転向して

チャンピオンになるのは凄いことだと思います。

POWER OF DREAM GYM

洵樹が所属するジムには、

POWER OF DRDAM GYM チャンピオン

  • 武居由樹選手….初代Krushバンタム級チャンピオン、第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級チャンピオン
  • 江川優生…第3代K-1 WORLD GPフェザー級チャンピオン、第4代Krushフェザー級チャンピオン

強いチャンピオンが居て、彼もチャンピオン…

更に、良い環境を自ら作り上げてるのは関心します!

チャンピオンになった瞬間

チャンピオンになれるのが信じられない気持ちと

今まで応援してくれ方々の顔が浮かび

チャンピオンになれたのだと、実感した!

と、彼が言っていました。

敗戦の翌日に、キックボクシングへ転向

佐川君との試合の翌日

洵樹夫婦と、僕の妻とで、ご飯を食べに行った時に

キックボクシングに転向しようと思ってます…

佐々木洵樹

佐々木洵樹

と、申し訳なさそうに相談されました。

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

ボクシングを辞めるのは寂しいけど

また、頑張れる姿が見れるなら賛成!

と、即答しました。

もともと、キックボクサーになりたい為に上京したのが理由。

その事もあり、寂しいけど、嬉しいような感じでした。

選手の一試合って…とてつもなく貴重なもので

洵樹夫婦には、大変申し訳ない!!

泣いてしまった事が、昨日のように思えます!

この試合に勝ってれば、当時のチャンピオン側から

オファーも来ていたそうです。

当時のチャンピオンは、源選手(ワタナベジム)

因みに

当時、源選手のトレーナーは石原さんです!笑

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

試合、やりたかったなー(泣)

ボクシング時代の練習量が少なく感じる

以前、洵樹にキックボクシングの練習は慣れたか?

と、聞いた事があります。

  • 練習量が多い
  • ボクシング時代の練習が少なく感じる
  • ひとつに特化せず、色々と練習ができる

と、彼が言っていました。

ただ、練習量が多いだけで上にあがれるものでは

ないのですが…

ただ、強くなるためのベースは

そこにあるので、大切なことだと思います。

ボクシング界も真似たい演出

  • 試合、試合前の演出などがプロフェッショナル
  • YouTubeなどメディアを使ってのプロデュース力がある
  • ボクシングと比べて、プロでやってる感覚がある

プロフェッショナルで

お客様も喜ぶたいね〜!!

セルベッサさん

セルベッサさん

ボクシング界でも

この様な演出など増えていけば

もっと盛り上がって行くと思います。

次のステージは、K-1チャンピオン

  • 佐川戦(三迫ジム)で、ボクシング引退
  • キックボクシングに転向
  • 三試合目で、Krushバンタム級チャンピオン

ボクシングからキックの世界に転向して

一年程で、Krushのチャンピオンになるのは

異例なことですね。

防衛を重ねて、名前を売り込んで

次は、K-1でのチャンピオンとなって頂きたいです。

彼は、ボクシングでも日本チャンピオンには

必ず慣れていた逸材でした。

ただ、その逸材をチャンピオンに出来なかった

僕の力の無さを痛感出来たことも

今、思えば良い経験となっています。

佐々木洵樹と一緒にボクシングやれたのは

僕の財産となっております。

そんな感じです!

最後まで、話しを聞いて頂き

ありがとうございました!

チャオ!!

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

Suerte!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください