ボクシングのメッカ、アメリカやメキシコの練習メニューとは?

4 min
NISHIO

NISHIO

FOLLOW

こんにちは、Tacos好きボクシングトレーナー西尾です。

前回の続き、

  • アメリカ、メキシコでの練習内容が知りたい

こちらについて、話して行きます。

このリクエストは、TwitterのDMで頂いり 

OPBFウェルター級チャンピオンの長濱陸からも

リクエストを頂きました。

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

ありがとうございます!!

アメリカ、メキシコでの練習内容が知りたい

ざっくりですが…

  • スパーリングを週3日する
  • サーキットメニューが多い 
  • ドラムミットを打ちこむ
  • リングにロープを張って、シャドーをする
  • シングル、ダブルボールを沢山打つ 
<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

印象は…

特別な事は、やっていません!!

そうやね〜!!

基本的なことが多かね〜

セルベッサさん

セルベッサさん

特別な事をやる訳でもなく

ボクシングの基本を大事にして、練習していました。

  • 打ち終わりのガードの位置
  • 身体が浮かない
  • しっかり打ち込む(力まない)
  • バランス
  • 頭の位置

マニー、ルーベンゴメス、マルコアントニオバレラが

同じような事を口にしてしていました。

※マニーに関しては、こちらの記事に紹介しております!

スパーリングを週3日する

日本でも試合が近づけば、スパーリングを週に3日

予定に入れるのは大半だと思います。

ただ、アメリカやメキシコでは

週の半分、スパーリングをします。

繊大さん曰く、

田中繊大

田中繊大

昔、メキシコでは毎日スパーリングしてたぜ!!

やっぱり、

実戦練習が1番練習になるたいね〜

セルベッサさん

セルベッサさん

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

はやり、実戦が1番ですね!

実戦に勝るものはないですね!

メリット点で言えば

メリット

  • 実戦能力がつく
  • 課題を色々と試せる
  • 試合にちかい練習ができる
  • 体力がつく

デメリットを言えば

デメリット

  • ダメージが残る
  • 撃たれ弱くなる
  • 壊われる
  • 調子が悪いままだと、良いイメージができなくなる

デメリットでは、

あくまで、脳や身体にダメージが残る延長線の事を

ピックアップしています。

向こうでは、戦える身体を作らないと

生き残れないと感じました。

そこで、マニーに聞いてみました。

Q

毎回、スパーリングをやっても

なんで壊れないのか?

A

  • ON.OFFをしっかりさせている
  • スパーで撃たれ過ぎたら、ミットをやらない
  • 基本を(ガード、バランスなど)しっかりさせている
  • そもそも、練習に来ない者はやらせない
  • タフな身体を作るため、サーキットトレーニングをする

日本人は、凄くテクニックがあり、精神力もある

ただ、タフネス差にかけて勿体無い…

と、マニーと同様に

ボクシング関係者の方々から(トレーナー、メディア)

同じような事を言われました。

タフネスを付ける為に

どけんな練習ば、しようとかね〜?

セルベッサさん

セルベッサさん

  • サーキットメニューが多い

色々なメニューを組み合わせた、

サーキットメニューを取り入れてました。

サーキットメニュー

  • ダンベルを持ちシャドーボクシング(6〜8R)
  • サンドバックを決め打ちする(6分×2R)
  • もちろん、全て強く打ち込む
  • ハンマー打ち、バービージャンプ、ダンベルシャドー、スレッド、ラダー、など…色々なパターンを組み合わせたメニュー
<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

これ、かなりキツそうでした!笑

瞬発力、持久力、心肺機能、

みっちり鍛えられてたので、タフネスな身体が

出来上がるわけですね。

スパーリングやサーキットをする事で

タフな身体を作れるのは…間違いないです。 

ファイタースタイル、アウトボクサースタイル、

スタイルに関係なしに、

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

まず、テクニックより

しっかりと闘える身体

大事だと気づかされました!

もちろん、テクニックも大事ですよ!

パンチのアングルが多彩

  • ドラムミットを打ち込む

アメリカやメキシコでは、練習メニューとして

ドラムミットを打ちます。

アンディールイスJr.
まだ、世界チャンピオンになる直前のルイスです!
マニーのとこに、単身留学した時に撮りました。

もちろん、日本でもありますが

まだまだ、需要は少ないですね。

WBAミドル級チャンピオン村田諒太(帝拳)のトレーナー

田中繊大トレーナーやカルロスリナレス

WBAL.フライ級チャンピオン京口紘人選手(ワタナベ)の

トレーナー、井上マネージャーがよく使用しています。

ドラムを打つ事により

  • パワーがつき、パンチが強く打てる
  • フォームを確認しながら打ち込める
  • パンチのアングルが多彩になる
  • パンチを一点で打ち込めれるようになる

などが、上げられます。

ミットを打つ!!と言うより

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

殴る!!

と、言う感覚を掴めると思います!!

あとは、アングルが多彩になります。

だから、アメリカ人やメキシコ人は

ナチュラルに、多彩な角度でパンチを放って来るわけですね!

もし、このブログを見てる選手が居たら

是非、ドラムミットを打って見て下さい!!

  • リングにロープを張って、シャドーをする
写真提供 ボクシングモバイル様より

リングに、蜘蛛の巣みたいにロープを張って

シャドーボクシングをしています。

3分間、気を抜かずに、常に状況を意識しながら

シャドーボクシングをする為…

  • バランスがら良くなる
  • 頭の位置、マトをズラしてパンチが放てる
  • 重心移動が上手くなる
  • リズムの一部になる

地味な練習ですが、

本当に、理にかなった練習だと思います。

相手は、常に動いてる…

  • シングル、ダブルボールを沢山打つ 

初めて、メキシコに行った時に

どうして動いてる物を打たないのか?

あて感、アングル、リズムを鍛えられないだろ?

相手は、常に動いてる…

シングルボールやダブルエンド

小さいサンドバックを打った方がよい!

と、以前のブログで、

マルコアントニオバレラから言われた事を

話したことがあります。

ロサンゼルスのキャンプでは

ジョニゴンは、

シングル、ダブルボールエンド

小さくて潜れるサンドバックを3〜4Rずつ

打っていたと思います。

ジョニゴンだけではなく、駆け出しの選手から

ベテランの選手まで、しっかり練習しています。

実は、メキシコのグアダラハラ居る

信藤さんから、ありがたく動画を送って頂きました!

撮りたて、ホヤホヤの動画です!

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

ありがとうございます!!

ボールを打ってたのは、

2階級制覇した、オスカルバルデス(メキシコ)!!

現WBO世界S.フェザー級チャンピオン。

参考にどうぞ!🔝

そんな感じで、特別な事をやる訳でもなく

当たり前なこと、当たり前のように

もくもくと、練習をしているイメージでした。

  • ボクシングの基礎を大事にしている
  • まずは、戦える身体を作っている
  • スパーリングを重視した練習
  • ミットは、毎日打たない
  • ボクシング=生活がかかっている

ロサンゼルスやラスベガスでは、

ラテン系のボクサーが多いので

アメリカン系のジムに行くことで

また、多少の練習内容は変わるとは思いまよ!

ボクサーも

メキシカン系が好きな選手もいれば

アメリカ系の好きな選手もいます!

どちらも対応できるように、日々勉強ですね!

このブログを見て、

これから選手やトレーナーを目指す人に

参考にして頂けたら幸いです。

選手が、ボクシング始めるジムがあるように

これからトレーナーを目指すコミニティーも

あって良いじゃないかな?!

と、勝手に思っています!笑

国内で育成したり、海外で経験させたり

このサイトを通じて、アカデミーを開いて

やって行きたいですね!

僕は、今年で39歳になります…

以外と、おじさんになります!笑

ガンガンミット持ったり出来るのも数年…

若い世代に、もっとボクシングを盛り上げてもらい

選手と同様に、若くて良いトレーナーが

出てきたら嬉しいですね!

そんな感じです!

最後まで話を聞いて下さり

ありがとうございました!

次回のはなしは

次回のはなし

  • ジョニーゴンザレスに質問してみました!

質問は、Twitterで募集した内容を聞いております。

お楽しみに!!

因みに、動画に出てくるジョニゴンとマレスも

今は、チームマニーです!

チャオ!

<span class="has-inline-color has-tsnc-black-color"><strong>NISHIO</strong></span>

NISHIO

Suerte!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください